立春に文春とほんとうの気持ちの話。

暦の上では「立春」も過ぎて春が近づいてきました。

 

奈良・鍼灸ライト治療室のテラニシです。

 

この前すごく気持ち良く晴れていたのでお散歩へ。

 

寒いんですけどね。

 

ただただ歩いていると色んな考えが浮かんできたり、頭の中が整理できるのでちょこちょこ散歩に行くのです。

 

いつものコースを延長して見つけた休憩スポットでの一枚です。

 

なんでもない風景なんですけどね、

あまりに気持ち良く晴れ渡っていて、

なんだか心奪われたのです。

 

 

キレイな空を見て心が洗われた気になったところで、

 

あなたとわたしの本当の気持ちの話。

 

やれ不倫だ、やれ仮想通貨だ、やれ炎上だ、

色んな話題が毎日あるもんですね。

情報が瞬時に伝わるから、悪いこととかやましいことはすぐに明らかになって、謝罪会見をする訳です。

 

 

「お騒がせして、、」

「不快な思いをさせて、、」

 

 

何に対して謝らないといけないのか、誰に許してもらうのかなんだか良くわかりませんね。

なんの被害もない方がお怒りになってたりしてね。

 

 

でも小室さんの話題を見ている時に感じたんです。

 

「あ、小室さん本当に大変だったんだな、本当に誰かに頼りたかったんだろうんな」

って。

 

 

世間的になんとなく小室さんを擁護するような風潮になったのは多分、小室さんが心の底から感じていることを隠さずに正直に伝えたからだと思うのです。

 

介護とかの話題なので同情する要素もあるんですけど、それでも不倫やお金持ちが嫌いな世間がそれ以上に問い詰める気にならなかったのは、正直に本音を伝えたからだと思うのです。

 

その人が本気で考えて、本気で悩んで、正直に話すことですからね。

 

最初に頭を下げる秒数とか、会見のタイミングとかそんな小手先のことって本当はどっちでもいいと思うのです。不倫の善悪とか文春砲の是非なんてテラニシには全く関係が無い訳で、そもそもそんなに興味もないですしね。

 

でも、誰かが真剣に考えたこと、心の底から思っていることってストレートに伝わると思うのです。

 

裏返すと、どこか後ろめたいことがある・真剣に向き合っていないことはどれだけ言葉を尽くしても伝わらないと思うのです。

 

<シティハンター大好きでしたからね。もろ世代ですからね。>

 

 

ヒトの心身に触れる仕事をするようになってから10年以上になりました。

 

・自分の中で消化できていないこと

・確信をもてていないこと・勉強不足なこと

・自信の無い技術・自分が効果を感じていない施術・アドバイス

・本当に心から相手の為を思っていないこと

・お世辞・おべっか

 

やはり伝わりませんでした。もちろん施術の効果も出ない。

 

 

ライトを開業するにあたり

 

ー「嘘はつかない・うしろめたいことはしない」

ー「誇張しないし卑下しない」

 

と決めました。

時間が経ったり疲れたりするとブレると思ったので。

 

 

という訳でテラニシは確信を持っていることは自信をもってお伝えしますし、わからないことはわからないと伝えます。施術効果が見込めなければ他をお勧めしますしね。美容鍼灸を施術して綺麗になっていれば「綺麗ですね」と言いますしね。

 

そんなテラニシですから、もしよかったらご自分の辛い状況とか、悩んでること、そのままお伝えください。

 

「こんなこと言うとおかしいと思われる」

「こんな感覚は他の人にはわかってもらえない」

 

とか思わないでくださいね。

あなたが本当に感じていることをちゃんと受け止めますからね。

 

 

インスタに空の写真を上げるのはちょっと痛いと思っていましたが、

自信を持ってGet Wildにアップしたいと思います。

テラニシにとってはなんだかとても綺麗だったんですもの。

 

 

気の利いたポエムのひとつも添えたい気分ですが自粛しておきます。

 

そこに光を

てらにし そうへい

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL